とりかえばや語り

「とりかえ・ばや」についてネタバレや感想を語るブログです。

とりかえばや ネタバレ感想! 「episode55.身を尽くし」

月刊flowers(2017年3月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」第55話、

「episode55. 身を尽くし(みをつくし)」のネタバレ感想です!

前回のあらすじ

社の中で一夜を過ごし、遂に結ばれた睡蓮と東宮ですが、それぞれの立場を自覚し、再び離れ離れの身に。

睡蓮の無事が判明し、しばしの平穏が訪れた宮中では七夕の行事である「乞巧奠」が執り行われます。

そんな乞巧奠の最中、父の計らいで主上と二人きりとなってしまって口説かれ続ける沙羅は、主上に掴まれた手を強引に振り払って逃げ出しますが、その際に着物の袖が破れ、肩の弓矢傷が露見してしまいます。

弓矢傷を見た事で、かつての沙羅双樹の右大将と今の睡蓮の尚侍が同一人物なのではないかと疑念を抱く主上―!

スポンサーリンク



ネタバレ

今の睡蓮の尚侍と昔の沙羅双樹の右大将―

二人が同一人物なのではないかと考えはしたものの、本当にそんな事があるのかとまだ半信半疑の主上。

乞巧奠(きこうでん)から清涼殿へと戻る間、ずっとその事を考え続けていた主上は、沙羅が子を産めぬ体と告げたのは、沙羅が「男」だからなのではないかと考えて動揺し、清涼殿入り口の階段で足を滑らせてしまいます。

主上はそのまま階段に座り込むと、沙羅が「女のなりをした男」だとしても想う事が出来るのか自問します。

しかし、やはり沙羅が男だとは信じられない主上。

熱を出した沙羅を見舞い、口移しで水を飲ませた時(10巻49話:銀覚からの呪いの証拠として、御供米を主上に見せに来る途中で伊予命婦に庭へと突き落とされた。)、沙羅は薄い肌着1枚で、熱にほてった柔らかい体は男とは思えなかった…

と、あの日の沙羅の姿を思い出して頬を染める主上。

では逆に昔の右大将が「女」で、少女が男のなりをして、職務を見事にこなしてきたのだとしたら…?

そう考えた主上の胸には、

・氾濫する川の「普請(工事)をやってみたい」と提案してきた勇ましい右大将(4巻17話)
・野行幸の時、曲者に襲われて肩に弓矢傷を負った右大将を抱きかかえて馬からおろした事(1巻5話)
・花の宴で見事な舞と横笛を披露しつつも、どこか切なげだった右大将(5巻23話)

等、様々な右大将の姿が思い出され、それが今の尚侍である沙羅の姿と重なります。

右大将が失踪して尚侍も宮中を辞した後、二人は再び宮中に出仕し始めたものの、それから二人の性格がとり変わった…。

・あの時二人が入れ替わったのではないか?
・もしかすると二人とも男という可能性もある
・今の右大将は男なのか女なのか?
・東宮に仕えたかつての尚侍が実は男だったなどという事になれば大変な事になる
・しかし二人とも女の可能性もある
・そうなると今の右大将と恋仲であるという東宮はどういうつもりか

清涼殿に戻ってきてからもずっと思案している主上を女房達が着替えさせ、寝支度が済んだ主上は暗い寝室で床に横になってもなお考え続けます。

しかしいくら考えても訳がわからず、左大臣家を問い詰めたいとまで考えて頭を抱える主上。

尚侍は恐らく何も言わないであろうし、右大将は今は芦屋に蟄居中、親である左大臣も口を割らないはず。

しかし帝として、このままにしておくことはできない…。
自分はどうしたらいいのか?

男かも女かもわからない尚侍と右大将の二人と、これからどう向き合えばいいのかと途方に暮れる主上!


やがて夜が明け、湯殿にはいつも通り主上の入浴の準備を整える沙羅の姿があります。

しかし昨夜主上の手を振り払って逃げた事で、主上がどう想ったのかと考え続けて一睡も出来なかった沙羅は、十良子に指摘される程、目がしょぼしょぼの状態に。

こんな顔を見られたらいつものようにからかわれてしまうと、頬をパンパンと叩いてなんとか顔を作った沙羅は主上を呼びにいきますが、主上は沙羅の顔を一瞥すると、跪く沙羅に声も掛けず前を素通りしていきます。

そんな主上の態度に僅かな疑問を抱く沙羅。

また別の日、届けられた文を読んで仕事をして居る沙羅の耳に、バタバタと慌ただしく人々の行き交う音が聞こえてきます。

主上が東宮の見舞いとして、兄である朱雀院の元へ出かけて行った事を後から聞かされた沙羅は、ようやく主上が自分を避けている事に気づきます。

主上が自分を無視するのは、懐妊の噂をわざと流した時に続いて二度目…。
しかし今主上に避けられる理由がわからず、今度は何が原因なのだろうかと考える沙羅―。


一方、朱雀院を訪れた主上は、食事をしながら兄・朱雀院と笑顔で語らっていましたが、話題はやがて銀覚の事に。

銀覚が島流しになった事で、自分達にかけられた呪いも失せたのかと尋ねる朱雀院に対し、
「まだわからない。魔は至る所に罠を張っており、一つ取り除いてもまた次が出てくる。」
と険しい顔で答える主上。

主上がまた新たな悩みの種を抱えた事を察し、相談に乗ろうとする朱雀院ですが、兄にはとても言える話では無いと考えた主上は、今日訪れたのは「東宮の見舞い」であるとごまかします。

主上が自分の娘・光子の事をまだ「東宮」と称している事に、次の東宮問題がどうなったのかを尋ねる朱雀院。

主上は、現在東宮が空位である事を告げると、
自分が頼んで東宮から退いて貰った光子にもう一度東宮に戻って欲しいなどとは言えないが、もし自分に何かあれば光子に東宮に戻って貰って女帝になって貰う流れになるかもしれないと続けます。

主上の答えを聞いた朱雀院は、
「光子を東宮・女帝にというのは光子がかわいそう。光子は恐らくもう東宮へ戻らぬ覚悟だ」と語ると、

東宮としての最後の務め(大祓)を終えると、すぐに行方不明だった睡蓮を探しに行き、無事に睡蓮を見つけて帰ってきた光子の睡蓮への思いの強さを知り、

「二人が惹かれ合っているならいつか一緒にしてやりたい。」
と、女帝になれば睡蓮との婚儀は叶わない娘への父としての気持ちを明かします。

主上は、自分も同じ想いである事を告げつつも、
その前に光子に確かめたい事があると険しい表情で語り、主上の真剣さに気圧される朱雀院。

そうして光子の部屋を訪れた主上は、「朱雀院の庭を案内して欲しい」とかこつけて、光子を庭へと誘います。

しばし庭を見て回った後、朱雀院が光子と右大将を夫婦にしたいと考えている事を知っているのかと切り出す主上。

真っ赤になってしまった光子は、
「父の考えは知っているものの、右大将は蟄居中なのでそれは叶わないと思っている。」
と、しどろもどろになって答えますが、

右大将は近々都に戻すという主上の言葉に、
「ま…まことですか!?うれしゅうございます!」
と喜びを溢れさせます。

そこへ、二人がいつから恋仲になったのかと少々言いにくそうに尋ねる主上。

真っ赤になった光子は言葉に詰まりながらも、「いつとはなしに想い合う事になった」と答えますが、主上はなおも「初めて右大将に出会ったのはいつか」と追求します!

光子は、右大将に出会ったのは吉野山への静養の際で(3巻12話)、尚侍と右大将の瓜二つさに大層驚いたと答えます。

そこで、
「二人はある時を境に変わったと思わぬか?右大将が失踪する前と後、尚侍が宮中を辞した前と後…。まるで二人が入れ替わったかのように。」
と遂に本題を切り出した主上!

主上の問いに蒼白になってしまった光子は、扇で口元を覆ったまま言葉を発する事できません。
そんな光子の反応を確かめるかのように、じっと見つめる主上。

少し離れた場所で二人を見守っていた三の姫は、話がよく聞こえないものの、光子の困っている様子に何か深刻な話なのかと不安を募らせます。

黙り込んでいた光子はつばをゴクッと飲み込んで意を決すると、

「右大将と尚侍、特に右大将は人生が変わる程の大変な経験を潜り抜けてきた為、変わってしまったとしてもそれは誰にも責められない。
しかし、いくら二人が変わったとしても決して変わらないものがある。
それは上様への尊敬と“身を尽くす心”です。」

と訴えると、二人はそれぞれ自分にも身を尽くしてくれたと微笑みます。

光子の言葉を聞いた主上は、沙羅が何かを隠したがっている事は感じるものの、それでも沙羅を想う気持ちが抑えられないのは、

まさしく光子の言う通りに「沙羅と睡蓮の二人が自分に身を尽くしてくれている事がわかるから」なのだと深く納得します!

輿に乗り、朱雀院を後にする主上を見送る光子と三の姫。

主上は光子から大切な事を教わったものの、肝心な答えが聞けなかったと考えながら光子達を振り返ります。

尚侍と右大将の二人を恐れ疑う想いと、知りたいという想いは尽きる事無く膨らむばかり。

たとえ沙羅の事を恋しく思っていても宮中を欺いたとあらば、帝としては許す訳にはいかないのではないかと、主上は深く目を瞑って苦悶します。


所変わって梅壺―。

梅壺の女御の前には、梅壺の命令で掘り返されてきた土だらけの壺が置かれてあります。

この壺は以前銀覚が梅壺宛に文と共に送ってきたもので、

「願いをしたためた文を壺に入れて、願をかけたい相手の家の軒下に埋めれば願いが叶う」という銀覚の教え通りに、梅壺が今まで土に埋めていたものでした。(沙羅を呪っていた?)

しかし梅壺の願いも虚しく、主上は何も変わらず沙羅を寵愛したまま。
この壺を送ってきた銀覚本人が罪人として島流しになってしまう始末。

「…偽坊主めが!」
と苦々しく吐き捨てた梅壺は、女房に壺の中から願をかけた文を取り出させ、側にあった灯台の火で文を燃やさせると、文が入っていた土だらけの壺に関しても粉々にして捨てて来るよう命じます。

そこへ、その昔睡蓮の母親の元へ出入りした事があり、今は梅坪に仕えている女房が、「お坊様より預かってきました。」と梅壺に文を届けにきます。

粗末な紙の怪しい文を訝る梅壺でしたが、女房は文を持ってきた僧がいかに美男子であったかを語り、その僧についてお喋りに花が咲く女房達。

そんな女房達を騒がしく思い、眉をしかめながら文を読み始めた梅壺は、
「主上への謀反にも等しい左大臣家の秘事を御注進申し上げる」という文の内容に目を見張ります!

文は銀覚からのもので、

・沙羅双樹の右大将と睡蓮の尚侍はかつて身をとりかえていた
・兄は女のなりをし、妹は男のなりをしていた
・沙羅双樹がまだ侍従であった頃に受けた弓矢の傷(1巻5話)が今の睡蓮の尚侍の肩にある事がなによりの証拠である

と記されていました!

文を目にした梅壺は、かつての自分の「沙羅双樹は女である」という見立てが正しかった事を確信します!

(遂に私が勝つ時が来たのだ!)

笑みを浮かべ、銀覚からの文を胸に握りしめる梅壺―!

次号に続きます!!

スポンサーリンク



感想

第55話掲載「月刊flowers 3月号」の購入は↓↓

キターッ!!念願の主上バレして1ヶ月ーっ!!

この日を待ち望んでいたー!!(意外と1ヶ月ってあっという間…)

…のに…

あれれ???

お…主上ってば、

尚侍が子を産めぬというのは男だからなのか!

って!ちっがーう!そうじゃない!!

二人とも男?二人とも女?

ってもう大混乱しちゃた主上が「どうすればいいんだー!」ってグルグルしてばっかりで話がなかなか進まなくて(30P位グルグルしてた)、今回なかなか書きにくかったですw

そしてまたしても沙羅を無視!

主上って…なんだか子供っぽいなぁって思ってしまいましたw
(そんな無視ばっかりしてー!)

沙羅も沙羅で、「今度の無視の原因はなんだろう?」って、あんだけ激しく手を振り払って逃げたせいだとは思わないのか!という…!

そうして迷いに迷った主上は「左大臣家がダメなら東宮だ!」って事で、元東宮・光子様を尋ねて朱雀院へ!

「右大将といつ恋仲に?出会いはいつ?」
と質問攻めにされ、動揺しまくりの東宮様!(って呼び名の方がしっくり来る)

「二人は入れ替わったんじゃ?」
との主上の確信を突く言葉に東宮様は蒼白になって絶句してしまい、

「あー!コレ絶対バレた!」と思ったものの、主上は東宮様の表情を探っているようで探れなかったのか(扇が邪魔をしたのか)、

結局「肝心な答えは聞けなかったなぁ…」って思いながら帰っていきます!!

東宮様の言葉で、沙羅と睡蓮がどれだけ自分に身を捧げて慕ってくれているのかという事に気づきはしたものの、結局「帝としてどうしたら…」とグルグル悩んだまま終了…!!

今回ひょっとしたら
「睡蓮の尚侍…そなたはもしや沙羅双樹の右大将なのか…!?」とか沙羅に直接問い正すかなー!?って劇的な展開を期待してたのでちょっと残念!(でもそうしたら終わっちゃいそう!)

年始に届いたさいとうちほ先生からの全プレ年賀状には「まだまだ面白くしていきます」的な事が書いてたので、その言葉を信じたいです!
(けど今回までが11巻収録なので、あと5話・12巻で終了かなぁって予想してます…。)

さてさて、今回最後の最後でまた話が転がりました!

謎の壺が登場して、最初「?」だったんですが、梅壺が「願をかけた」というのは、「主上が振り向いてくれますように」的な願いじゃなくて、やっぱ「沙羅への呪い」の方なんだろうなぁ…。

願をかけた文は焼いてしまいましたが、壺はまだ残ってるんですよね…。
でも中身はもう無いし、この壺はもう今後の話に関係無いのかな!?

と、ここでまさかの銀覚の置き土産発覚!!

怪しい怪しいと思ってたあのちょっとだけイケメン坊主(9巻45話)が、姿は登場こそしないものの、「あ、アイツだー!!」ってわかる風には(美形の坊主が尋ねてきたという女房の語りで)描かれていたので、もう腹立たしさにギリギリしますw

今回の文は島流しにあった銀覚から~という訳ではなく、入れ替わりの秘密に気づいた時に鞍馬寺に預けてたんでしょうかね…。

予想もせずいきなり引っ立てられたし、島流しにあった先からも送ってこれるとは思えない…けど、「粗末な紙」って事は、やっぱり島流し先から必死で送ってきたんでしょうか…。

(調べてみたら島流しって、普通に島民が居る所で、監視されつつも普通に生活出来たようですね。じゃあやっぱり送ってこれそう!)

このまま「主上に入れ替わりがバレて、でも最後にはラブラブになって終了」だろうなぁ…とぼんやり思っていたんですが、そうですよね…。

「入れ替わりが主上にバレる」為にもう一盛り上がり無いと ですよね…。

そこでラスボス?梅壺登場…!!

あーもう!最初から最後までいい働きする!!!最高に腹立たしい!
正しく敵(ライバル)キャラです!!ww

読後すぐは
「もうこれ沙羅、絶対絶命じゃん!どうやったらこの状況乗り越えられるっていうの!?」
って思ったんですけど…

多分、睡蓮が崖から落ちた時に肩に傷ついてると思うんですよね…。
(僧兵の槍、もしくは落下した時に木の枝とかで)

それで「証拠を見せーい!」って主上や梅壺たち皆の前に引っ立てられた沙羅と睡蓮の肩がめくられて、

「どっちにも肩に傷があるー!?」って展開になるんじゃないのかなーってずっと思ってるんですが…。

でもそれにしちゃー睡蓮の傷は新し過ぎるかなぁ。。

でもこの銀覚の指摘する「入れ替わりの証拠」は、「睡蓮の肩にも傷が付いている」か「沙羅の傷が無くなる」かしない限りクリアできないですよね…。

素人が考える以上の突破法が隠されているのか!?

(梅壺が捨てて来るように命じた壺が、「沙羅を呪った証拠」として活躍しないかな?(文が無いから無理?))

先月号に続き、1ヶ月なんて長い!長過ぎる!待てない!(もう、ワープしたいとさえ思うw)
と非常に次回が気になる所ですが、楽しみに待ちたいです!

次号、「月刊flowers 4月号」は2月28日(火)発売予定です!!

スポンサーリンク



 - ネタバレ感想

Comment

  1. ワタリアホウドリ より:

    はじめまして、いつも楽しみにネタバレ読ませて頂いてます。
    私の予想ではもう一度入れ替わっても面白いと思いました。
    そして主上だけはまた入れ替わったことに気づくとか…

    • みずきち より:

      ワタリアホウドリ様

      はじめましてー!ご訪問下さりありがとうございます!

      わー!拙いネタバレをいつも見にきて下さっているなんて嬉しいです!
      ありがとうございますー!
      コメント頂けたの初めてですー!!。・゚・(ノД`)・゚・。

      ワタリアホウドリ様の仰る「もう一度入れ替わる」というのは全然思いつきませんでした!
      新しい視点のお話ですっごく面白いですー!!

      「また男に戻って終わり」というさいとうちほさんオリジナルの終わり方というのも有り得ますね!
      (でもやっぱり女のままラブラブで終わって欲しいですが…(;´д`))

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  2. なぉ。 より:

    いいところで、吉野の宮様が出てくるんじゃないかな?と思います。
    梅壺がそれを進言したとしたなら、謀反者 銀閣と通じているということ。
    梅壺も決定的な証拠っていうのは、言えないんじゃないかと‥。
    吉野の宮様の助言またはお言葉で帝が吹っ切って
    最後は沙羅を庇うのではないか?
    たはまた、銀閣の仲間の残党がいて、帝の命を狙いに来た時に
    沙羅が命がけで庇い、帝の命を守ったとして、恩赦的な扱いになるのか‥。
    私の妄想は膨らむばかりです。
    出たばかりだというのに、はやくも来月が待ち遠しいです。

    • みずきち より:

      なぉ。様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      吉野の宮様登場!!有り得そうです!!
      宮様の事など考えも及びませんでした!!

      そしてそして!!↓
      >梅壺がそれを進言したとしたなら、謀反者 銀閣と通じているということ。

      全くその通りですねー!!なんて深いご考察!!
      私、全然表面的な事しか見えてないー!
      (恥ずかしいー(つ∀`;))

      >沙羅が命がけで庇い
      わー!考えただけでドキドキする展開ですねー!!
      それすっごくイイですー!!

      来月一体どうなってしまうのか楽しみですね!

      個人的には「宮様登場説」に1票ですー!!
      自分とは違う視点のお話が聞けて凄くテンション上がりました!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  3. nonnon より:

    いつも、更新楽しみにしています♪ありがとうございます♪♪
    今回はイチャラブなくて非常に残念です(>ω<)
    ところで私、式部卿の宮の借りを返していない石蕗が気になってしかたがありません。
    最近、めっきり出てきませんし。石蕗が沙羅が尚侍になったことを知ったら、とか、式部卿の宮がとりかえばやを知ったら石蕗と沙羅の関係に気づきますよね?とか…。
    さいとうちほ先生だから、お忘れではないでしょうが('・ω・') もう出てこないのかなー?

    • みずきち より:

      nonnon様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      わー!いつも見にきて下さっていたなんて嬉しいです!
      ありがとうございますー!。゚(゚´Д`゚)゚。

      今回私は主上が沙羅を追求するなり、なんらかのアクションがあるとばかり思っていたんですが、蓋を開ければ、

      無視→主上一人でグルグル

      で、全然沙羅と主上の絡みがなくて、私もnonnon様と同じで少し物足りなく思っていました!w

      そして!↓
      >式部卿の宮の借りを返していない石蕗

      そのような事もありましたねー!これも何かの伏線かもしれませんね!

      式部卿の宮はその「借り」うんぬんの時から、
      「沙羅が本当は女だという事に気づいているのか?」
      と思っていたんですが、銀覚と通じているのか?など、まだまだ謎多き人物ですね…。

      「借り」うんぬんの時は単に「石蕗の沙羅への想い」を後押ししてくれただけだったんでしょうか…。
      てっきり銀覚とは通じているとばかり思っていたんですが…。

      >式部卿の宮がとりかえばやを知ったら石蕗と沙羅の関係に気づきますよね?

      そうなったらもうなんだかお話がとんでも無い事になっちゃいそうですね!(沙羅に主上に梅壺に石蕗に…って入り乱れて!)

      石蕗は四の姫と落ち着いてしまいましたが、最後に出てきていい働きをしてくれないものでしょうかw

      「借り」のお話や「石蕗」の事は私は全然気に留めていなかったので、nonnon様の着眼点が凄く面白かったです!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  4. にょり より:

    こんにちは。

    前のブログから愛読(笑)させていただいてます。
    以前のはコメントが入れられなかったので、今回コメ出来て嬉しい限りです。(*^^*)

    単行本しか購入しない為、毎回ネタバレをワクワクしながら読んでいるのですが、とにかく描写がお上手です!
    文章を読んでいるだけで、頭の中にさいとうセンセイの絵が浮かぶ!(笑)
    しかもいつもすぐにアップして下さりありがとうございます。
    予てから、お礼が言いたかったので移行して下さって本当に良かったぁ〜。

    テレビでは中々描けない時代ですし、この時代はマンガでも余りないですよね。
    お上の髪型がほぉ〜な私です。( ^ω^ )

    次回もよろしくお願いしますね。✨

    • みずきち より:

      にょり様

      ご訪問下さりありがとうございます!
      旧ブログから見て下さっていたとの事で本当にありがとうございます!

      そして!旧ブログコメント出来なかったんですか!!
      し…知りませんでした!!(ほんとだー!!)
      それで今まで何年も1件もコメント頂けかったんですね!!(衝撃の事実!!)

      いつも1人だけ?毎回「いいね!」して下さる方がいらっしゃって、それを心の支えに更新していましたw
      教えて下さってありがとうございますー!!わーん!なんて事ー!!

      >とにかく描写がお上手です!

      わー!!お褒め下さりありがとうございますー!!でも全然ですー!(ノД`)
      とりかえばやは言い回しも難しく、小物等も現代には無いような物が多くて
      「これは何て表現すればいいんだろう?」といつも頭を捻っています…。

      私の主観で書いているので、コミックスを読まれた時に「ちょっと違うな~」と思われるかもしれませんが、そういった事も今後是非教えて頂けると嬉しいです!

      もともと「とりかえばや語り」というブログ名は「とりかえばやについて語りたい」という意味を込めてつけたので、

      (原典が「とりかえばや物語」だと言うのを忘れており、そっちをお探しの方の邪魔になってしまう事に後になって気づきました…)

      色んな方ととりかえばやについて語れると嬉しいです!

      >しかもいつもすぐにアップして下さりありがとうございます。

      これずっと気になっていたんですが、うちの地域ではFlowersって27日発売なんですね。
      にょり様のお住いの地域は何日発売がおわかりになりますか?

      Flowers自体が「28日発売」って書いてるので、うちの地域が早売りなのかわからなくて…。

      一応28日に日付が変わってからアップした方がいいのかなぁと思いつつ、手が遅いので結局考えるまでもなく28日になっちゃってる状況ですが…。

      よろしければ教えて下さいー。

      >テレビでは中々描けない時代

      私、常々「とりかえばや、アニメとかドラマにならないかなー」って思ってますー!
      でもやっぱり衣装なども大掛かりになっちゃいますし、イメージ壊れちゃいますかね(*´д`;)

      >お上の髪型がほぉ〜

      主上の髪型!今まさに私の最も気になる所だったんですー!
      10巻の表紙で結い上げた姿があらわになってますが!(カ…カッコイイ!!)

      今号で初めて主上の寝室内の姿が描かれたものの、主上は普段被ってる冠?を被ったまま床に横になってたんですー!!

      「え?寝る時も取らないの?普段冠の中はどうなってるのー!?」
      って考えてた所だったんですよー!!

      色々お話できて嬉しいですー!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  5. より:

    いつも感想を楽しみに拝見していました。
    コメントされている方がいらしたので、私も便乗させていただきました!

    皆さんの想像もどれも面白そうな展開で、ワクワクします!
    私はやはり、公衆の面前での右大将(睡蓮)が傷を見せるですかね!
    石蕗はヤメローからのえー!?男!?
    梅壺は沙羅も脱がせようとして止められる?
    東宮もからむのかな?宮中で入れ代わりを知っているのは東宮だけですからね!一肌脱いでくれるのではないかと期待しています。

    想像が止まらないですね!
    続きが気になります!
    一ヶ月が長いですね!

    また感想を楽しみにしています!

    • みずきち より:

      春様

      ご訪問下さりありがとうございます!
      旧ブログ見て下さってた上にコメント頂けて嬉しいですー!!
      ありがとうございますー!。・・(≧0≦)・・。

      い…移転して良かった!!!w

      >私はやはり、公衆の面前での右大将(睡蓮)が傷を見せるですかね!

      わー!春様も「睡蓮の肩に傷が付いている」派ですか!?

      今、問題の?51話を見返してみました所、

      睡蓮の従者がまず僧兵に捕まって、僧兵の槍が「キラーン」と光り、
      次のコマで棒きれを持った睡蓮が僧兵と従者の間に割り込んで、僧兵を殴り、

      そして僧兵の手から落ちた槍が谷底へ…という描写なんですが、

      合計4コマ、集中線で注目?を集める槍が、意味有りげにキラキラ光ってるんで、どう見ても「ハハーンこれは…!」って思っちゃいますーw
      (これで槍全然関係無かったら恥ずかしー!(ノ∀`*))

      >石蕗はヤメローからのえー!?男!?
      想像して思わず笑ってしまいました!w

      東宮様!どうなるんでしょうね!
      今はお父上の朱雀院様の所に居ますが、東宮様も重要キャラですし、
      過去に睡蓮や沙羅を庇ってくれた事もあるので、今回も助けてくれそうにも思いますね!

      自分だけでは考えつかないような皆様のお話が聞けて凄く楽しくてワクワクしますー!

      本当に1ヶ月長いですねー!

      いつも読み終わると「次ちゃんと載るかな?」ってチェックしてしまうんですが、
      流石大ベテラン!のさいとうちほさんなので、休載など無く描いて下さるのでホッとします!

      1ヶ月ご一緒に耐えましょうね!w

      また来月遊びに来てくださいー!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  6. こあら より:

    51話からこちらのブログを読ませていただいていますm(_ _)m
    わたしも愛読者の一人です(*´∀`*)ゞ笑笑
    コメントが出来るようになったので、わたしも便乗させていただきましたm(_ _)m

    こうやってみんなでハラハラやイライラ(笑)を共有できて楽しいです(*´∀`*)ゞ

    皆さまと同じく、わたしもtorikae様の文章力と表現力が素晴らしいなと感じておりました!こちらのブログで物語の行く末を確認して、安心して単行本を購入することができます!

    梅壺と石蕗、イケメン僧侶が許せないキャラでイライラしますが、沙羅達もこの3人もぜーんぶさいとう先生の手のひらで産まれたんだ〜〜と自分に言い聞かせて怒りを鎮めています笑笑

    次号も待ち遠しいですね(☆´∀`)人(´∀`★)

    • みずきち より:

      こあら様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      こあら様も旧ブログから見て下さってるとの事で、新ブログにもお越し下さって本当にありがとうございますー!!
      こんなにコメント一杯頂ける日が来ようとは…!!。゜:(つд⊂):゜。

      皆様のお話聞かせて頂けて本当に楽しくて嬉しいですー!

      >わたしもtorikae様の文章力と表現力が素晴らしいなと感じておりました!

      お褒め下さってありがとうございます!(そんな恐れ多い!!)
      拙いネタバレですが楽しんで頂けていれば嬉しいです!

      コミックス発売の際にはまた是非感想など書き込んで下さい~!(*´∀`)

      イケメン僧侶w は、9巻収録の45話で出てきますね!

      他のモブに比べて顔がしっかり描かれてたので(ムダにイケメンに)、当時ちょっと気になってたんですが、まさかここで再登場しようとは!

      弓矢傷やら不思議な霧のお社やらで、さいとう先生の既刊の伏線の張り具合に、「当時からここまで考えていたんだろうか!?」ってここ最近驚かされっぱなしですー!

      >梅壺と石蕗、イケメン僧侶が許せないキャラでイライラしますが

      本当にこあら様の仰る通り、梅壺と石蕗などには最初っからイライラさせられっぱなしですがw
      それもこれも全てお話が面白くなる為のスパイスですね!

      ライバルが居てこそお話も面白く盛り上がりますので、最後には「やっぱり『とりかえ・ばや』面白い!さいとうちほさん凄い!」ってなります!

      次号も楽しみにお待ちしましょう~!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  7. kaiya より:

    初めまして、旧ブログから拝見させていただいています。
    いつも詳細にありがとうございます。(読みながら想像できます)
    居住場所の関係で、本誌を発売日に読むことができないため、
    続きが気になる私としてはとてもありがたく読ませていただいてます!
    そして何より、コメントが楽しいです。
    コメントに合わせて自分も「キャー♪思う思う!」とか言ってます…
    (なので、コメントが先延ばしの回はちょっぴり残念だったりで)
    本誌をまだ手にしていないのに、次号が待ち遠しいです。
    次回もよろしくお願いします!!

    • みずきち より:

      kaiya様

      初めましてー!ご訪問下さりありがとうございます!

      旧ブログから見て下さっていたとの事で本当にありがとうございますー!嬉しいです!・゚・(つД`)・゚・

      kaiya様のお住いは発売日に読めないのですね。
      少しでもお役に立てるようにこれからも頑張りますー!

      >そして何より、コメントが楽しいです。
      コメントに合わせて自分も「キャー♪思う思う!」とか言ってます…

      えー!!とっても嬉しいですー!!

      ただでさえネタバレが長いので、
      「こんな下のコメント欄まで読んで下さってる方居るのかな?」
      とか思ってて、感想後回しで書かない時もあったんですが、見て下さってたんですねー!
      ありがとうございますー!!。+゚(゚´Д`゚)゚+

      本誌をお手にされましたらまた是非お気軽に感想書き込んで下さいー!

      今号のオススメは主上の寝所シーンなのですが、48P 1コマ目、寝台であまりの苦悩に頭を抱える主上が私のイチオシ主上です!w

      次号もご一緒に楽しみましょう~!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  8. 砂名 より:

    こんばんは!初めまして!
    いつも楽しく拝見させて頂いておりました。コメントしてたのに返事が頂けなかったのは、コメントが反映されていなかったのですね(>_<)納得いたしました(泣)

    ところで、新しいサイト様に移転されて、いそいそとお邪魔させて頂いたところ、ドコモのウイルスバスターに危険サイトと判断されてしまい、拝見することが叶いませんでした(泣)

    ので、古いスマホから只今拝見させて頂いております。せっかくコメント出来るのに残念です。なんでひっかかっちゃうのかな…

    とはいえ、この方法で拝見出来て良かったです!これからも応援しますので、頑張ってくださいませ(^-^)

    注)必須でしたので入れましたが、メアドはこの古いスマホのもので、今は使っていません(^^;←申し訳ございません

    • みずきち より:

      砂名様

      はじめまして!ご訪問下さりありがとうございます!

      砂名様は旧ブログから見て下さっていたんですね!
      ありがとうございますー!!。・゚・(ノД`)・゚・。

      そしてそして、なんと今までにコメント下さった事がおありだったとの事で、本当に申し訳ございません!!

      先程自分でも試してみた所、PCからはご指摘頂いた通り全然コメント書けなかったので、完全に私の設定ミスでした。

      反映も返信も無く、お気を悪くされてしまいましたよね。
      本当に申し訳ございませんでした。
      今回砂名様に新ブログにお越し頂けて本当に良かったです。(´;ω;`)

      >ドコモのウイルスバスターに危険サイトと判断されてしまい

      本当ですか?なんででしょう…。

      今チェックをしてみましたが、PCがウィルスに感染している事はありませんでした。

      サイトの脅威についてもノートンとGoogleの2箇所でチェックしてみたのですが、ブログが新しすぎるのか、脅威(危険サイト)という判定はまだ未判定状態でした。

      実は今回ブログを移転したのは、旧ブログに強制設置されていた機能が悪用されて、全然知らないサイトに記事を転載されていたのに気づいたのもあったのです。

      実害は無かったもののやはり得体の知れないサイトに載せられているのも気持ち悪く、ブログを引っ越してこのブログにはその機能を表示していないのですが、まだ新ブログに記事を移していないので、旧ブログへ沢山リンクを張っている状態なのです。

      1記事しかない新ブログなのに、よそのサイトに一杯リンクしてるのが怪しい・不正と判断されているのかもしれません…。

      早くブログの引っ越しを進めると共に、もう少し調べてみますね。
      教えて頂きましてありがとうございます!

      コメント欄にメアド入力必須なのですが、スパム防止の為ですので、ご入力頂きましたメアドを当ブログが使用する事はございませんのでご安心下さいね。

      ご入力頂くのもお手数で大変申し訳ないのですが、適当なものをご入力頂ければ!

      何から何までご迷惑をお掛けしており本当に申し訳ございません。(´;ω;`)
      是非今後とも遊びに来て下さると嬉しいです!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  9. なっちゃん☆ぐれーぷ より:

    初めまして!
    前のブログから愛読していた一人です(*´ー`*)
    皆さまに便乗し、コメントしました(笑)

    毎月このブログの更新を待ちわびて、torikae様の感想に共感しながら次号の妄想をしていたので、他の皆さまの感想も見ることが出来て更に楽しんでおります!(///ω///)♪

    しばらく出て来ていない石蕗、良いところで出てくる吉野の宮様、謎が多い式部卿の宮、入れ替わりを知っている東宮…

    どんな展開になるのかがとっても楽しみです‼

    個人的には、東宮と睡蓮、沙羅とお上のそれぞれがハッピーに結ばれて欲しいと思います

    来月の更新も楽しみに待ってます(≧∇≦)

    • みずきち より:

      なっちゃん☆ぐれーぷ様

      初めましてー!ご訪問下さりありがとうございます!
      なっちゃん☆ぐれーぷ様も旧ブログから見て下さっていたとの事で、本当にありがとうございますー!
      (名前変わってますがtorikaeですー。新ブログ作る時に適当に入れた名前でしたw)

      わー!皆様どんどんコメント下さって…!!嬉しいですー!!
      。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

      毎月楽しみにして下さっていたなんて!ありがとうございます!!

      皆様のご意見が本当に目から鱗でワクワクしますねー!
      なんて楽しい…!!
      皆様と交流出来る楽しさを教えて頂きました!(´ω`*)

      石蕗は9巻43話(2016年3月号?)の登場が最後でしょうか?

      そうするともうほぼ1年近く登場してない事になりますね(´Д`;)
      それは「しばらく出てない…」と思われてもしょうがないですw

      すっかり四の姫と収まる所に収まってしまった感じですね。

      敵?かどうかまだ油断ならないの式部卿の宮の今後も気になりますね!
      (ハッキリしてー!w)

      いつもここぞ!と言う時に助けて下さる吉野の宮様と、
      (個人的には吉野の宮様にもときめきます!)

      沙羅と睡蓮の秘密を宮中で唯一知っている東宮様の二人は今後の助けとなるんでしょうか。

      絶対に最後は「沙羅と主上」&「睡蓮と東宮」が結ばれるハッピーエンドだと思います♪
      ゴールに行き着くまでにどんな道が待ち受けているのか楽しみですね!

      来月も楽しみにお待ちしましょう~!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  10. ちゃまちゃま より:

    私もコミック購入者です。
    いつも楽しみに待っております(^^)
    よろしくお願いします。

    • みずきち より:

      ちゃまちゃま様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      わー!いつも見て下さっていたなんて嬉しいです…(つД`)
      ありがとうございますー!

      ちゃまちゃま様はコミックス派なんですね!
      私も途中までコミックス派で、Flowersは購入してなかったんですが(た…たちよみを…(小声))、その後購入するようになりましたw

      もう毎月楽しみで楽しみで、今一番大好きな少女マンガですー!(*´Д`*)

      お話は面白いし絵も本当に美麗ですよね!
      (イラスト集出して欲しいなーってずっと思ってます。。)

      次巻11巻は3月10日(金)発売ですね!

      過去の表紙を見てみますと

      1・2巻 → 沙羅と睡蓮、
      3巻 → 沙羅と四の姫と石蕗、
      4巻・5巻 → 沙羅単独、
      6巻 → 睡蓮と東宮、
      7巻 → 吉野の宮と沙羅と睡蓮、
      8巻 → 沙羅と主上、
      9巻 → 睡蓮と東宮、
      10巻 → 沙羅と主上

      と来てますので、次は誰が表紙になるんでしょうか!
      予想してみるのも楽しいですねー!

      私の予想は主上と沙羅です!(´ω`*)
      (それは希望)

      三の姫と吉野の宮…は無いか…。
      絶対沙羅と睡蓮のどっちかが入ると思いますので、内容的にも?睡蓮と東宮様でしょうか。

      コミックス発売までまだ期間はありますが、楽しみにお待ちしましょう~!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  11. 黒髪のばし中 より:

    旧ブログからずっと拝見してます。
    みなさんがコメントされていたので、私も便乗して(笑)

    今回もドキドキウキウキなのかと思いきや、「そーくるか!!」でした!

    丁寧に内容を書いてくださっているので、コミックで読んだときに、より一層ドキドキしながら先を期待しながら読めるので
    毎月更新を楽しみにしてます。

    感想もしっかり読んでます。来月がドキドキ待ち遠しいです!

    • みずきち より:

      黒髪のばし中様

      ご訪問下さりありがとうございます!
      黒髪のばし中様も旧ブログから見て下さっていたんですね!
      ありがとうございますー!!。+゚(゚´Д`゚)゚+

      黒髪のばし中様は黒髪伸ばされてるんですね!(´ω`*)
      私は年末に久しぶりにボブにしましたら楽で楽で…ってちがーう!!

      >今回もドキドキウキウキなのかと思いきや、「そーくるか!!」でした!

      ホントですよね。主上が沙羅を問い正して、
      「実は…私が右大将だったんです!」「な…なにーっ!!」な展開を期待していたのにw

      蓋を開ければ主上が30P以上悩んでいて、沙羅とは絡みも無く、最後はまたしても不穏な引きで…。

      まさしく「そーくるー!?」って感じでしたw
      (ですがこういう回も必要ですもんね。主上が“答え”を出すまでの葛藤が…カタルシスを…!!)

      >丁寧に内容を書いてくださっているので

      違うんですー。私に簡潔にまとめるだけの文章力が無いので、どうしても長くなってしまうだけなのです…。
      本当はもっと簡潔に書ければいいのですが…。

      >毎月更新を楽しみにしてます。感想もしっかり読んでます。

      あ…ありがとうございますー!!。゜:(つд⊂):゜。

      「読んで下さってる方居るのかなぁ…」と思いながら更新してきたので、拙いネタバレですが、毎月楽しみにして頂けているなら本当に嬉しいです!

      まだFlowersが発売されて1週間も経っておらず、来月まで長いですが耐え忍びましょう!w

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  12. 杏里 より:

    こんばんは!
    旧ブログからずっと愛読させてもらってますー♡移転おめでとうございます!
    憂鬱な月末の最大の楽しみで、コメントの皆様と同じように感想に共感しながら本編を読んでます!
    そしてこのブログをきっかけにネットカフェで読んでいたとりかえばや本編を購入しましたから!詳細な描写でさいとうちほ先生の世界を手もとに持っておかねばという気持ちにさせられてしまいました!買ってよかった!本当にありがとうございますー!
    遂に、遂に御上ばれの機会がきましたね!
    わたしも睡蓮にも同じ傷ができてるに一票です♪笑

    • みずきち より:

      杏里様

      こんばんはー!ご訪問下さりありがとうございます!

      杏里様も旧ブログから見て下さっていたんですね!
      そして移転のお祝いまでして下さり、本当にありがとうございますー!!(≧0≦)

      杏里様は「とりかえ・ばや」コミックスデビューされたんですねー!
      おめでとうございます!やっぱり面白いですよねー!

      このブログがもし少しでもきっかけになれたとしましたら、そんな嬉しい事は無いです!!
      ありがとうございますー!!。・゚・(ノД`)・゚・。

      とりかえ・ばやのコミックスは帯まで計算されていて素晴らしいですよね!

      >遂に、遂に御上ばれの機会がきましたね!
      はいー!来ましたねーっ!!( *´艸`)

      私、1巻の段階じゃ主上と沙羅がどうにかなるなんて全く考えてなかったんですー!

      3話で主上が水晶を日食に捧げて朱雀院への呪い?を払った後、沙羅が見たお告げの夢について、

      「そなたが見た夢の話をいつか聞きたいものだな」って沙羅に笑いかけた時に、
      「カ…カッコイイ!!」とズキューンと胸を撃ち抜かれましてw

      その時に、
      「沙羅と恋仲になって欲しいなぁ…でも無理かぁ…沙羅男の振りしてるし…」って思ってたんです!
      (当時は原典を読んでなかったので今後の展開を知らず)

      思えばこれはフラグだったんですねー!!
      夢の話…して下さい!どうぞどうぞー!!て感じです…。

      主上バレした後…
      最終回とかで、主上が沙羅に膝枕して貰いながら
      「そういえば…そなたの見たお告げの夢の話とは…?」「フフフ…それは。。」
      って語ったりしないですかね…デヘヘ…(*´д`*)(妄想)

      >わたしも睡蓮にも同じ傷ができてるに一票です♪笑

      わー!杏里様も「睡蓮の肩にも弓矢傷」派ですか!
      そう思っちゃいますよねー!どうなんでしょうか!

      私的には「なぉ。」様の仰ってた「沙羅が主上を庇う」説もありな気がしてきました!

      「証拠を見せーい!」で沙羅と睡蓮が主上や梅壺達の前に引っ立てられ、肩をめくられそうになったまさにその時!

      「主上、お命ちょうだーい!」って曲者が侵入してきた所で、
      「主上あぶなーい!」と沙羅が主上を庇って曲者の槍(刀)が沙羅の肩にグサーッ!

      で沙羅の肩の古傷が新しい傷によって見えなくなって、なおも追求してくる梅壺に、

      「お待ちください!傷ならありまぁす!」
      で睡蓮が肩を見せると!!

      あやややー!!完璧だー!!
      (なぉ。様の話と組み合わさってるし!w)

      妄想が進みますw 今後の展開が楽しみですね!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  13. ミホホロ より:

    便乗コメントお邪魔します。
    毎月楽しみにしています。

    • みずきち より:

      ミホホロ様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      わー!ミホホロ様も旧ブログから見て下さっていたんですね!
      ありがとうございますー!!゜*。(*´Д`)。*° 

      拙いネタバレですが、楽しみにして頂けていたのでしたらとても嬉しいです!(´ω`*)

      また本誌やコミックスを読まれてのミホホロ様の視点でのご感想を教えて頂けましたらとっても嬉しいです!

      また遊びに来て下さいー!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  14. なお より:

    初めまして(^^)
    旧ブログからお邪魔させてもらってます
    私は去年長期入院しベッド上安静が続いていたため本も買えず読めずで、こちらのブログにとても助けられました!
    とてもわかりやすくて毎月楽しみにしてました!

    いよいよ主上が気づいて、一気に!?
    って思ったのにまさかの展開(泣)
    もう次が待ちどうしすぎます!

    しかし主上、いきなり無視は沙羅が可哀想すぎるよって思います(^^;

    またこれからもお邪魔させてください(^^)

    • みずきち より:

      なお様

      初めましてー!ご訪問下さりありがとうございます!

      なお様も旧ブログから見ていて下さったなんて!
      本当にありがとうございます!(´▽`*)

      なお様は長期入院されていたとの事で、とても大変な思いをされたんですね…。
      そんな大変な時に見て頂いていたなんて…ありがとうございます。(´;ω;`)

      今はもうお元気になられたんでしょうか?

      お元気になられて、今漫画を楽しめていらっしゃるのでしたら本当に喜ばしい事です!

      >いよいよ主上が気づいて、一気に!?って思ったのにまさかの展開(泣)

      本当ですね。肩透かしというかなんというか…
      「二人とも男!?」ってなった時は「ちがーう!」ってズッコケそうになりました(;´▽`A

      >いきなり無視は沙羅が可哀想すぎるよって思います

      ですよねー!「また無視かーい!」って!
      意外と主上、子供っぽいですね!(*´艸`*)

      睡蓮&東宮様は収まる所に収まった感がありますので、流石に次号は沙羅&主上編一直線だと思いたいですね。

      梅壺とのバトルが待ち構えているのか…!

      また来月遊びに来て下さいね!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  15. 深生 より:

    初めまして!いつも、楽しく読ませて頂いております(^O^)

    コメント欄が見られる様になって他の方の感想も伺えて、そういう事あるかも!と想像してみたりして‥

    今回からは、それも含めて楽しく読ませて頂いております!

    今月号は、主上ぐるぐる回で‥確実な主上バレまでは、まだまだ試練の日々なのでしょうか‥(泣)

    私の中での主上バレは‥

    → 告白しなくてはならない事件が起きる(アバウト)

    → 主上・丸光パパ、沙羅、睡蓮それぞれに一対一で事情聴取

    → 沙羅・この先の実家の行く末や今までの辛い経験が一瞬よぎるが主上への愛で嘘が耐え切れず打ち明ける(男装時代に女とバレて子を身籠り死産した事も言う)

    → 主上・呪いは呪いで解けるものでは無かったのか?では、そなたの呪い(男と偽って諸々あった今までの人生)と私の呪い(女御が四人居るのに子が出来ない)で互いに解き合おうではないか(宮中を欺いていたものの子が出来れば帝としても後継ぎが出来るのでALL OK!一人の男としては、もちろん沙羅を許す)

    → 沙羅・でも、やっぱり恐れ多くて断る(この期に及んでも断る)

    → 主上・ここまで来たら諦めない(もう、絶対に引いてあげないよ)

    → こうなったら時間の問題でラブラブ止まらず展開の妄想の果てまでイッテQだったので(笑)

    でも、今回の主上自身のあらゆる妄想も突っ込み所満載、いとをかしで良かったですね♥

    今後は、梅ちゃん出て来て他にどんな人物が登場してどの様に引っかき回すのか?それも気になりますが‥

    光子ちゃんが今回の主上とのやり取りで左大臣家の危機を感じて沙羅を助けてくれるのかな?だと良いけど(事件が起きて闇展開になっても光子ちゃん出てくるとほっこり安心出来るので希望)。

    いつも、予想外の展開で来月も待ち遠しいですね!

    もちろん、ネタバレも!!ムフ(*^△^*)

    • みずきち より:

      深生様

      初めましてー!ご訪問下さりありがとうございます!

      深生様も旧ブログ読んで下さっていたんですね!ありがとうございます!(´ω`*)

      そしてコメントの承認が遅くなってしまい申し訳ありませんでした!
      (あんなに長文を何度も打って頂いて!!すみません。。)

      >他の方の感想も伺えて、そういう事あるかも!と想像してみたりして‥今回からは、それも含めて楽しく読ませて頂いております!

      皆様にコメント頂きました色んな考察がまた面白くて、私も本誌を読んでウハウハするだけでなくw 新たな喜びを教えて頂きました!(*´∀`)

      >→ 沙羅・この先の実家の行く末や今までの辛い経験が一瞬よぎるが主上への愛で嘘が耐え切れず打ち明ける

      深生様のお考え通り、私も沙羅には「バレたー!!」ってなるよりは自分の口から告白して欲しいかなって思います。。

      ※ちょっとこの先「原典」のネタバレを含みますので、ご覧になりたくない場合は薄目で見ながらw 飛ばして下さいね!

      ※※※※ ここから ※※※※

      原典では、沙羅が初めてでじゃない!(ノ∀\*) 事を主上は気づいて、かつ相手が石蕗だと言うのも知ってしまうのですが、沙羅には何も言わず、変わらず寵愛してくれますので、そこが「とりかえ・ばや」的にどうなるのかなーって気になっています。。

      (出来たら主上に石蕗との事を知って欲しくないような。。
      しかし「自分は子を産めぬ体です」って告げている事からも、例え知ってしまったとしても沙羅を想ってくれる主上を描いても欲しいような。。)

      ※※※※ ここまで ※※※※

      >女御が四人居るのに子が出来ない

      そうですね!これも呪いだったんでしょうか!
      振り返ってみれば色々ありますね!
      (実は銀覚って1巻の段階で出てきてますよね?とか。。(4話))

      今回とうとうラスボス?梅壺のターンになりましたのでw
      次号がどうなってしまうのかひっじょーに楽しみですね!

      来月楽しみにお待ちしましょう♪

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  16. のむのむ より:

    こんばんは!
    旧ブログから拝見しています。
    私はコミック購入派ですが、コミックの続きが気になって気になって、ネット検索しているうちにこちらに辿り着きました。
    ネタバレ感想も、ラストの感想も、楽しく読んでいます。
    読者がいっぱいいますよ~、と応援したくて、コメント入れさせていただきました。

    • みずきち より:

      のむのむ様

      こんばんはー!ご訪問下さりありがとうございます!

      のむのむ様も旧ブログから見ていて下さったんですねー!
      本当にありがとうございます!(´;ω;`)

      のむのむ様はコミックス派なんですね!

      遊びに来て下さっている方はコミックス派の方の方が多いのかもしれませんね!
      (私の場合は他の漫画でもそうですが、雑誌読んでから、「うぉー!誰かの感想読みたいー!!」とかってネット検索したりした事が無いのでw)

      今後はこのコメ欄を通して皆様と感想をお話しあえたらとっても嬉しいです。(´ω`*)

      >ネタバレ感想も、ラストの感想も、楽しく読んでいます。

      わー!ありがとうございますー!!
      ほんとに「誰も読んでくれてないかも。。」ってずっと思ってたので、「読んでたよー!」って教えて頂けて「えー!!」Σヽ(゚Д゚; )ノって驚くばかりです。。

      今までコメント1度も頂けた事がなかったので(書いて下さってた方がいらっしゃったんですが、私の設定ミスでコメント書き込めなくなっていたのです。)、

      「誰かと語り合いたいよぅ…:(つд⊂):」って寂しく思いつつ、家族に布教してw 家族とだけ感想語らってましたw

      読んで頂けてて嬉しいです。
      ありがとうございます!(´ω`*)

      >応援したくて、コメント入れさせていただきました。

      ありがとうございますー!
      皆様にコメント頂けて、来月また頑張る力がドドーンと充電されました!

      とりかえ・ばやは今一番私が楽しみにしている少女マンガだったのですが、皆様のお陰でもっともっと来月が楽しみになりました!

      是非また来月遊びに来て下さい~!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  17. ayk より:

    いつもいつも、楽しく拝見させてもらってます!!「それわかるわかる!」と共感しまくりです(^^)以前のブログにコメントはできなかったので、早速コメントしちゃいます!

    もーはやく主上!!沙羅の閨に押し入っちゃえ!!とやきもきしてます♪続きが楽しみですが、終わりに近づいてると思うと寂しい(^-^;ハッピーエンドにはなるんだろうけど、展開がわくわくしますね(≧∇≦)

    次回のネタバレ楽しみにしてます!

    • みずきち より:

      ayk様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      ayk様もいつも見て下さっていたんですね!
      ありがとうございますー!!(*’v`*)

      >「それわかるわかる!」と共感しまくりです(^^)

      わ!本当ですかー!?嬉しいです!

      >以前のブログにコメントはできなかったので、早速コメントしちゃいます!

      ありがとうございますー!!
      やっぱり皆様旧ブログにコメントしようとして下さっていたんでしょうか…。
      本当に申し訳ありません。。

      >もーはやく主上!!沙羅の閨に押し入っちゃえ!!とやきもきしてます♪

      本当ですよねー!!(*´д`)
      (ayk様の書かれた「閨」という響きがまた…(*´Д`*))

      8巻39話の時はもうグイッグイ来てくれたのにw
      (あれはでも…本当にそういうつもりだったんでしょうか!?)

      ラブシーン…w 期待していますがどうなるか…(ノ∀\*)

      >続きが楽しみですが、終わりに近づいてると思うと寂しい

      本当ですねー。私もうずっと
      「11巻で終わりかもしれない…」
      「12巻で終わりかもしれない…」
      ってそればっかり書いてますw

      終わって欲しくないけど早く主上とラブラブになって欲しいし…。(*´Д`*)

      12巻で終了だとしてもあと5ヶ月あると思いますので!!
      まだそう簡単には決着がつかなさそうですね!

      来月の展開も楽しみにお待ちしましょう~!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  18. ふじっこ より:

    はじめまして!私も旧ブログから^^
    ネットでお試し3巻まで無料を読んで以来はまって10巻まで一気にきて、続きが気になって気になってこちらのネタバレ読ませてもらってました!
    とても分かりやすく、次も楽しみにしてます♪

    • みずきち より:

      ふじっこ様

      はじめましてー!ご訪問下さりありがとうございます!

      ふじっこ様も旧ブログから見ていて下さったとの事でありがとうございます!(*´∀`)

      >ネットでお試し3巻まで無料を読んで以来はまって

      わー!そんなお試しなんてあるんですねー!知りませんでした!
      他の漫画で「1巻無料」とかはありますが、3巻までなんて太っ腹ですね!w

      今10巻のラストは、睡蓮が銀覚の呪詛の証を手に入れて、「吉野の宮に届ける!」って所なので、ここはかなり「次どうなっちゃうのー!!( >Д<;)」って言う終わり方ですね!w

      >とても分かりやすく、次も楽しみにしてます♪

      わ!ありがとうございますー!
      拙い文章ですが、少しでも楽しんで頂ければ幸いです。(´ω`*)

      是非また来月遊びに来て下さい~!
      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  19. みれい より:

    初めまして。前のブログの頃から、毎月楽しみにしています。私はフランスに住んでいて、雑誌どころかコミックスを買うのも難しい状態なので、本当にお世話になっています。私もとは原作である古典の方が大好きだったのですが、それを漫画化したものがあると知って、3巻が出た頃にコミックスを買い始めました。(当時はまだ日本にいたので。)
    今は年に一回日本に帰ってコミックスを買うのですが、こちらのブログは漫画の内容を本当に忠実に文章化してくださっていて、感心させられています。
    これからも毎月書いてください!応援しています。

    • みずきち より:

      みれい様

      初めまして!ご訪問下さりありがとうございます!

      みれい様も旧ブログから見ていて下さったんですね!
      ありがとうございます!(*’v`*)

      みれい様はフランスにお住まいなんですね!

      私も数回海外から本やCDなどを取り寄せた事がありましたが、日数はかかるし送料も高いしで、国が違えば本当に漫画一つ読むのも容易ではありませんね。(コミックスはkindleなどの電子書籍があるかもしれませんが。。)

      みれい様は元々原典をお読みになられてたんですね!
      原典を読んでから漫画だと、どういう感想持たれたかも興味深いです!

      私は漫画から興味を持って原典だったので、違和感などもありました。
      (名前の違いや、沙羅が石蕗との間の子供を泣く泣く捨てて宮中に帰ったり、睡蓮が次々に女性に手を出して行くなど「エェー!」と思いましたw (*´д`;))

      >こちらのブログは漫画の内容を本当に忠実に文章化してくださっていて

      それはそれで問題あるかもと思いつつ、色々と模索しています。。

      >これからも毎月書いてください!応援しています。

      ありがとうございますー!
      今まで黙々と一人寂しく更新だったのが皆様にコメント頂けるようになって、更新する力になっています!
      最終回までとりかえ・ばやを応援していきたいと思います!

      是非また来月…といいつつ今月(あと20日程です!!)遊びに来て下さい~!

      コメント頂きありがとうございました!(´ω`*)

  20. コマ より:

    いつも旧ブログから楽しみにしています!!海外に住んでいるためすぐに手に入らない事もあって、このブログにたどりついてからは、皆様同様、毎月本当に楽しみにしています。
    これからもどうぞよろしくお願いしますします

    他の方も仰られてましたが、本当に読解力、文の表現力が素晴らしくいつも参考にさせて頂いております。
    ネタバレと言うよりも解説という形で楽しませていただいています。
    最近はこちらでまずあらすじを頭に入れておいて、話を読み、そしてまたこちらで読んで詳しく復習(笑)するスタイルです。
    私だけで読むより、2倍楽しめます!読解力がなさすぎで反省中です…

    私も同じ傷に一票です!
    あとやっぱり、睡蓮が東宮に仕えていたのがバレないか心配ですね〜〜。主上もそれは許すことは出来なさそうですし…

    いよいよ終盤にさしかかってきて、早くラブラブが見たいのと、終わって欲しくない気持ちと入り混じってモヤモヤする毎日です。終わって何を楽しみにして行けば良いのか…。
    沙羅が最後に男の子を産むとこまでは見たいです!出来ればその後も…ってさいとう先生はずるずるしないですよね〜〜

    皆さんのコメントも楽しいですね〜
    引っ越しありがとうございました!感謝感謝です。
    これからも(無理をせずにですが)頑張って下さい!

    • みずきち より:

      コマ様

      ご訪問下さりありがとうございます!(*´∀`)

      わわ!コマ様も海外にお住まいなんですねー!!
      皆様いろんな環境でお読みになってるんだと新たに気づかせて頂くばかりです!!

      >読解力、文の表現力が素晴らしくいつも参考にさせて頂いております。

      わー!!お褒め頂きありがとうございますー!!・゚゚(ノД`)

      でも全然です。本当に拙いばかりです。。
      いつも「もっと上手く書けたらいいのに…」って歯がゆく思ってますが、別に素人の書く文に誰も期待などしていないと開きなおっていますw

      >私も同じ傷に一票です!

      コマ様も「睡蓮の肩にも弓矢傷」派なんですね!
      (わー!3票目ですー!…って、投票か!w)

      >あとやっぱり、睡蓮が東宮に仕えていたのがバレないか心配ですね〜。

      む!そうですね!私沙羅のバレの事ばっかり考えてましたが、そちらも大問題ですね。
      今月主上も、「東宮に仕えていたのがもし男だったとしたら大問題!」って考えてましたもんね。。

      ああ…また考えたらお腹がモヤモヤしてきましたw
      本当に来月一体どうなってしまうんでしょうね。。

      >早くラブラブが見たいのと、終わって欲しくない気持ちと入り混じってモヤモヤする毎日です。終わって何を楽しみにして行けば良いのか…。

      本当ですよね…。私もコマ様と全く同じ気持ちですー!(ノД`)
      今いっちばん楽しみにしている少女マンガがとりかえ・ばやですので、とりかえ・ばやが終わってしまったら本当に何を楽しみにして行けば良いのか…。(そそそ…そこまでー!?)

      私はさいとうちほさんの前作「アイスフォレスト」が元々凄く好きだったんですが、アイスフォレスト最終回後、すぐにとりかえ・ばやが始まって、1話読んだだけで

      「ななな…何コレ!!男女逆転って!スッゴイ面白いーっ!!(゚∀゚)」ってなってアイスフォレスト最終回の寂しさなど吹っ飛んでしまいましたので、

      例えとりかえ・ばやが終わってしまっても、またさいとうちほさんの新連載に期待したい気持ちもあります!
      (でもとりかえ・ばやを超える程好きになれるかなーって思っちゃいます(´ヘ`;))

      >沙羅が最後に男の子を産むとこまでは見たいです!

      そうですね!私もそこまで行くと思います!!
      主上と沙羅の息子…見てみたいですね!(*´д`)

      >さいとう先生はずるずるしない

      そうですねー。よくある「本編最終回後の番外編」とかも無いような気がしますね。

      >引っ越しありがとうございました!感謝感謝です。これからも(無理をせずにですが)頑張って下さい!

      なんと嬉しいお言葉!!ありがとうございますー!!(ノД`)
      とっても励みになります!

      孤独作業w の時は「更新めんどくさいな」なんて思った時もあったんですが、「読んでるよー!」って教えて頂けた事で、「また来月も皆様とお話できる!」って楽しみが出来ました!(´ω`*)

      コマ様も是非また来月…では無くw 数週間後に遊びに来て下さいー!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  21. なんとも より:

    前略、みずきち様
    前のブログも必ず見てましたよ、感想入っていると更に嬉しくて
    とりかえばや大好きで、原作(田辺聖子訳)も二度読みしたり、
    妄想で顔がゆるみっぱなし…
    ちなみに式部卿の宮は帝を愛していらしゃるように思えます、故に石蕗にも近いものを感じているのかなとか、男姿の時の沙羅には興味がなさげだったのが、男姿の睡蓮危なしとか思ってました。
    帝には、沙羅のことをただ愛していただきたく…もどかしいのですが毎回身もだえするばかりです。皆さんのコメントも更に楽しくて万歳!!

    • みずきち より:

      なんとも様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      なんとも様も旧ブログから見ていて下さったなんてありがとうございます!(*´∀`)

      >とりかえばや大好きで、原作(田辺聖子訳)も二度読みしたり

      わー!なんとも様も原典?読まれたんですねー!
      いかがでしたか??
      もしとりかえばやの方を先にお読みになったんでしたら、色々違いがあって衝撃的ではありませんでしたか??w

      >式部卿の宮は帝を愛していらしゃるように思えます

      うわあああああああ!!ここに来てワタシ一番の衝撃です!!
      それは考えた事なかったですー!!ある!あり得ますー!!
      (そういえば式部卿の宮は男色家という噂?でしたっけ!)

      わー!!凄い新しい視点です!!凄いー!!
      って、私凄い興奮してますがww
      早速そういう視点で読み返してみたいと思います!!

      なんとも様の着眼点が素晴らし過ぎます!!
      凄い面白いお考えです!!

      皆様の色々なお考えを聞かせて頂けて本当に面白いです!!
      ありがとうございますー!!

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  22. らずり より:

    みずきち様、
    いつもありがとうございます。

    私も毎月ネタバレ&感想を楽しく拝読させていただいている一人です。

    今回は、沙羅のことが上様にバレてどうなる To be continued ⁉︎ でしたので、皆様と同様ヤキモキした1ヶ月を過ごしました。
    そして、みずきち様の旧ブログを28日から毎日、朝昼晩とクリッククリックと、、、
    昨夜、気づきました、アホですみません。感想まで読んでますと冒頭に書いときながら、、、

    それにしても、今後の展開が知りたくて知りたくて夜もn・・・。
    次も楽しみです[v v*]

    • みずきち より:

      らずり様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      らずり様も旧ブログから見ていて下さったとの事で本当にありがとうございます!(*’v`*)

      そして28日からずっと旧ブログ見ていて下さったんですねー!
      分かりづらかったですよね。
      急な移転でご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。
      新ブログに無事お越し頂けて良かったです!(´ω`*)

      感想まで読んで下さっていたなんて!ありがとうございます!!

      前号から今号までの1ヶ月は「どうなるのー!?」って凄く楽しみでしたね!(今号もですが…w)

      先月は一人で「どうなるんだーあああ」ってギリギリしてましたが、今月は皆様とコメントでお話している間に順調に日々が過ぎ去っております!(あと!21日!!)

      来号どうなってしまうのか、本当に楽しみですね!
      楽しみにお待ちしましょう~!(夜もn… 寝て下さい!w)

      コメント頂きありがとうございました!(*´∀`)

  23. コロコロ より:

    はじめまして!
    私も以前からのブログをみさせて頂いてました。
    フラワーズの今月号は何故かガンガンにゴムで絡げてあって立ち読みできませんでした><;

    何度読み返しても飽きない楽しさ!毎日読んでも飽きません( ´∀` )
    そのうち月日は次月の発売日へみたいな感じです(;^_^A

    主上はご自分が好きなのは睡蓮の尚侍(沙羅)しかいないのだって言っておきながら今更何を!と、やきもきします(´;ω;`)ウゥゥ
    沙羅を追い出したい梅壺も呪いの札の証拠の壺を持っていることで、主上から嫌われてしまえばいいのにとか思ったり…(笑)

    例え傷があっても小さい時に天狗に襲われて出来た傷だと言えないのでしょうか?そうすればバレてしまうのかぁ~( ノД`)シクシク…

    どちらにしても、皆さんの考え方を聞けるのでとっても楽しいです!
    有難うございます。次巻発売楽しみにしてます^^

    • みずきち より:

      コロコロ様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      コロコロ様も旧ブログから見ていて下さったなんてありがとうございます!(*´∀`)

      >フラワーズの今月号は何故かガンガンにゴムで絡げてあって

      目が滑って「ガンダム」に見えてしまいましたw
      今月号は付録が付いているからですねー(*´д`;)

      >梅壺も呪いの札の証拠の壺を持っていることで、主上から嫌われてしまえばいいのに

      「なんだこの壺は!?睡蓮の内侍を呪うなどとなんと恐ろしい事を梅壺!!そなたは追放だー!!」
      とか想像してしまいました…。(流石にそこまでは無さそうですが…(;´д`))
      しかし文を燃やしてしまったので沙羅を呪った証拠にはちと弱いかもですね。

      >例え傷があっても小さい時に天狗に襲われて出来た傷だと言えないのでしょうか?

      天狗!懐かしキーワードですね!w

      沙羅と睡蓮の二人共に肩に傷があって、「これは幼い頃に天狗に攫われた際に負った傷なのです…」とかもアリですねー!
      一体どうなるのか、次号が楽しみですね!

      コメント頂きありがとうございました!(*’v`*)

  24. りりこ より:

    私もいつもお世話になっている一人なので、便乗して御礼をさせてください。

    今は帰国しまして、日本に住んでおりますが三年ほど海外にいましたので、その間、電子書籍が発売されるまで、毎月楽しみにしていました。
    他のネタバレサイトと一味違い、とりかえばや愛を感じるからか!さいとうちほ先生の絵を思い浮かべながら読めるのがとても気に入っていまして。
    今は雑誌を読んだ後でもチェックして、そうそう!そうですよね~!!!と楽しんでいます。

    今後もまたお邪魔させていただきますね。
    いつもありがとうございます。

    • みずきち より:

      りりこ様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      りりこ様も旧ブログから見ていて下さったなんて!ありがとうございます!(ノД`)

      りりこ様も海外にいらっしゃったんですか!?
      海外から読まれていらっしゃる方の多さにビックリです!!

      今は帰国されたとの事ですので、すぐにとりかえばやを手に取れる環境なのですね。(*´д`)

      >とりかえばや愛を感じるからか!さいとうちほ先生の絵を思い浮かべながら読めるのがとても気に入っていまして。

      わわー!ホントですかー!?
      漏れ出していましたか?主上萌えが…(*´д`) というのはさておきw

      雑誌を読まれた後にもわざわざ来て頂いているなんて!
      嬉しいです!ありがとうございます!

      今後はりりこ様の感想なども是非教えて頂けると嬉しいです!

      コメント頂きありがとうございました!(´ω`*)

  25. ぴろ より:

    初めまして。
    とりかえ・ばやにはネットレンタル本からハマり
    一気に10巻まで読んでも〜続きが気になって(≧▽≦)
    そんな時、前ブログを見つけた、文章にまだ見ぬ絵が
    見える感じでとても楽しみにしてます。
    田辺聖子さんの本も読みましたがマンガと違う展開でしたので
    今後の展開が分からなくてハラハラドキドキしながら28日を
    待ちます。

    梅壺の女御がどう沙羅に迫るのか気になりますね。
    女東宮からの沙羅に手紙が来て、帝の疑いに気づき、沙羅は
    覚悟を決めるかもしれませんね、そこへ梅壺の女御が騒ぎ立てて
    傷の確認は三の姫が沙羅を助けるかな?
    沙羅と帝の間は吉野の宮が何か絡むような気がします。
    あぁ〜色々妄想しちゃいます(*´Д`)

    • みずきち より:

      ぴろ様

      初めましてー!ご訪問下さりありがとうございます!(*´∀`)

      ぴろ様も旧ブログから見ていて下さったんですね!
      ありがとうございます!

      ぴろ様はレンタルからハマられたんですね!(●ィスカスですか?…なんてw)

      私2巻まで出た当時に何を思ったか一度コミックス売っちゃって、その後レンタルしてましたよw(そしてまた買い直しましたw)

      とりかえばや面白いですよね。(´ω`*)

      ぴろ様も田辺聖子さんの御本読まれたんですね。
      本当にとりかえ・ばやは原作とは違う展開が多々ありますので、ハラハラドキドキしますね!

      >女東宮からの沙羅に手紙が来て、帝の疑いに気づき、沙羅は覚悟を決めるかも

      おおお!そうですね!
      東宮様からの「主上はお気づきかもしれませんよー」的なお知らせがあるのも有り得ますね!!

      >三の姫が沙羅を助けるかな?

      とりかえ自体は知りませんが、宮中での味方と言えば三の姫も居ましたね!

      >沙羅と帝の間は吉野の宮が何か絡むような気がします。

      ぴろ様は「吉野の宮が助けてくれる派」なんですね!

      どうなんでしょうねー。
      もうホントに私皆様から「こうじゃないだろうか?」って教えて頂く度にグルグル考えていますが、結局「コレや!コレに違いない!」という答えが全然出ません。(;´д`)=3

      また何かヒントは無いか探しつつ既刊を読み返したいと思いますw

      来月号楽しみにお待ちしましょう!

      コメント頂きありがとうございました!(*’v`*)

  26. なさ より:

    私も去年から、楽しく読ませていただいています。
    読んでてワクワク、ドキドキしてます。
    表現の仕方などが、とっても好きです。
    沙羅や帝の表情が浮かんできます。

    私も、二人ともに矢の傷があることで、丸くおさまるような気がします!

    しかし、石蕗とのことがばれてしまうのは、いやだなぁと思うけれど、そこは避けては通れなそうですし、それでも帝の寵愛が変わらないなら、仕方ないのかな。。

    毎回更新を楽しみにしてます。

    これからも、よろしくお願いします。

    • みずきち より:

      なさ様

      ご訪問下さりありがとうございます!

      なさ様は旧ブログを去年から見ていて下さったんですね!
      ありがとうございます!(*´∀`)

      >表現の仕方などが、とっても好きです。

      わ!ほんとですかー!?ありがとうございます!w

      >私も、二人ともに矢の傷があることで、丸くおさまるような気がします!

      なさ様も「弓矢傷派」なんですね!
      着々と弓矢傷派様が増えていきますww

      >しかし、石蕗とのことがばれてしまうのは、いやだなぁと思うけれど、そこは避けては通れなそうですし

      そうですね。私も主上には石蕗との事はばれて欲しくないですが、なさ様が仰るように避けては通れ無さそうですね…。
      沙羅がどんな過去を持っていても、それでも変わらない「想い」を描いて頂くにはやはり必要ですよね…。

      どうなっちゃうんでしょうか。。

      >毎回更新を楽しみにしてます。

      ありがとうございますー!(ノД`)
      更新頑張る力になります!

      また是非遊びに来て下さいー!
      コメント頂きありがとうございました!(´ω`*)

  27. 初めまして。
    一昨年まで一年半ほどアメリカに住んでおりまして、とりかえばやの続きが気になり、その間こちらのネタバレにとても助けられました。
    皆さんがおっしゃっている通り、読んでいると絵が浮かんでくるようでした。
    もちろん感想も楽しみにしていました(^^)

    私も「睡蓮の肩にも弓矢傷」に一票です。
    でも落ちた時についた傷ではなくて、沙羅の危機を知った睡蓮が自ら矢傷をつけるのでは?と思っています。
    あの臆病だった睡蓮が、もしそういう行動にでたら「おぉっ!」となってしまいます(笑)

    沙羅の方は、主上の寵愛を受けている女性の肌を人前で晒すのはないだろうと思っていて、ここは主上が嘘をつくかもしれないと期待しています。
    傷がない、もしくは傷は弓矢の傷ではないとかなんとか。
    主上の言葉ですので、梅壺、その他も表立って嘘だとは反論はできないかなぁと。

    「主上は公平だ。私情に流されない」という主上の立場を時々挟み込んでくるので、その公平な主上が、一人の女の為に立場を超えるというのに非常に萌えてしまいます。
    沙羅は沙羅で、あの主上にそこまでのことをさせてしまったと一苦悩、と(笑)

    あー!今までコメントできなかったので色々書きたいことがあるのですが、長くなるのでこの辺で!
    とにかくいつも楽しみにしています。

    • みずきち より:

      うすかわまんじゅう様

      はじめましてー!ご訪問下さりありがとうございます!

      「薄皮饅頭」って全国にあるのかわかりませんが、私の地元の名物お菓子だったので、うすかわまんじゅう様のお名前拝見して「ううう…薄皮饅頭! (゚∀゚) 」ってテンションダダ上がりでしたw

      というのはさておきw

      うすかわまんじゅう様はアメリカにいらっしゃったんですね!
      アメリカから読んでいて下さったなんてありがとうございます!

      >皆さんがおっしゃっている通り、読んでいると絵が浮かんでくるようでした。もちろん感想も楽しみにしていました(^^)

      わー!ホントですかー!?嬉しいですー!!
      ありがとうございます!!(つД`)

      >私も「睡蓮の肩にも弓矢傷」に一票です。

      うすかわまんじゅう様も「弓矢傷派」なんですね!
      がしかし!

      >落ちた時についた傷ではなくて、沙羅の危機を知った睡蓮が自ら矢傷をつけるのでは?と思っています。

      うすかわまんじゅう様のお考えも新しいですねー!!
      つけたばっかりの傷ではおかしいので、なんとか古傷に見える方法は無いでしょうか。。

      それか元々不思議な双子の縁で、本当に睡蓮の方に傷がついてたりしないでしょうかw
      (吉野宮様が芦屋に睡蓮を探しに行った時(10巻47話)の上半身裸を見る限り無さそう?)

      >沙羅の方は、主上の寵愛を受けている女性の肌を人前で晒すのはないだろうと思っていて、ここは主上が嘘をつくかもしれないと期待しています。

      キャ!そうですね!!
      「尚侍の肩に傷など無い事は私が確認済だ!」とか皆には言っちゃって、二人きりの時に「見せよ」じゃないですけど、沙羅が主上の前でだけハラリ…と!!

      わー!!妄想が…滾ります!!ww
      ヘヘヘ…(*´Д`)

      本当にうすかわまんじゅう様が仰る通り、女性の肌を人前で晒すのはないというのは普通に考えたらそうですよね…。

      >「主上は公平だ。私情に流されない」という主上の立場を時々挟み込んでくるので、その公平な主上が、一人の女の為に立場を超えるというのに非常に萌えてしまいます。

      そうですねー!ちょくちょく挟んできますねw
      その主上が!!沙羅の為に!!

      わー!本当に非常に萌えですねー!!w

      >あー!今までコメントできなかったので色々書きたいことがあるのですが

      わー!今までコメント出来なくて本当に申し訳ありません!!( >Д<;)
      旧ブログにコメントが出来なかった事を悔やむばかりです…。。
      (流石に自分で自分のブログにコメントする事は無いので全く気にしておらず…。)

      まだ全然移せてないですが、旧ブログから新ブログに順次記事を移していきますので、以前の話にも是非コメントして下さいー!

      >とにかくいつも楽しみにしています。

      あああ…ありがとうございます!!(´;ω;`)
      嬉しいですー!頑張る力になりますー!!

      来月号まであと17日ですので楽しみにお待ちしましょう!

      コメント頂きありがとうございました!(´ω`*)

      • うすかわまんじゅうです。

        私もブログを書いているので、コメントや反応があると嬉しいですよね。
        分かります―(^^)
        みずきちさんの文章が好きなので、またコメントさせてくださいね。

        • みずきち より:

          うすかわまんじゅう様

          わー!早速再訪問頂きありがとうございます!(*´∀`)

          >私もブログを書いているので、コメントや反応があると嬉しいですよね。

          うすかわまんじゅう様もブログなさってるんですね!
          私はかつてこんなに沢山のコメント頂けた事がなかったので、驚くやら嬉しいやらで…(´;ω;`)

          >みずきちさんの文章が好きなので、またコメントさせてくださいね。

          わー!嬉しいですー!ありがとうございます!!

          是非是非ー!またのコメントお待ちしていますー!
          ありがとうございました(*´∀`)

  28. ぷにこ より:

    皆さんに便乗してコメントを。。

    何人かの方と同じように現在海外に住んでいることもあって
    更新を毎月楽しみにしています!以前のブログから愛読しています♪

    さいとう先生の絵が浮かぶような描写に感動し、本編を想像しつつ読んでいるのですが、Kindle版のコミックスが出て、想像との答え合わせをするのも楽しみの一つです。

    感想も書いて下さっていて嬉しいです。
    感想を読んで、いつももう一度盛り上がり、その流れでこれまでのコミックスを読み返したり笑、しています。

    そして、私も「弓矢傷派」+うすかわまんじゅうさんも仰っている「尚侍には矢傷はない」と主上が皆に宣言する、説に一票です!

    いつもありがとうございます!
    これからも楽しみにしています!

    • みずきち より:

      ぷにこ様

      ご訪問下さりありがとうございます!(*´∀`)

      ぷにこ様も旧ブログから見ていて下さったんですね!
      ありがとうございます!

      ぷにこ様も海外にお住まいなんですね!
      コメント下さる方の海外在住率の高さに驚くばかりです!!

      皆様日本にいらっしゃる時からとりかえ・ばやを読まれていたんでしょうか…(*´Д`*)

      >さいとう先生の絵が浮かぶような描写に感動し、本編を想像しつつ読んでいる

      わー!ホントですかー!?ありがとうございます!(つД`)

      >感想を読んで、いつももう一度盛り上がり、その流れでこれまでのコミックスを読み返したり笑、しています

      皆様、私が思っていた以上に感想まで読んで下さっていたんですね!。゚(゚´Д`゚)゚。
      (嬉しいやら恥ずかしいやら…w)

      ぷにこ様も「弓矢傷派」プラス、主上が助け舟!というお考えなんですね!

      >「尚侍には矢傷はない」と主上が皆に宣言する

      どうなんでしょうねー!主上がいくら宣言したところで、沙羅を寵愛している事をひけらかしてしまったので、皆心の中で「尚侍をかばっているのでは!?」と、疑いを持ってしまいそうな気もしますね。

      あれこれ想像するのがとっても楽しいですが、ファンの予想をはるかに裏切る方法によって事態が突破できるのか、非常にワクワクします!

      >いつもありがとうございます!これからも楽しみにしています!

      そんなー!こちらこそいつも見に来て頂いてありがとうございます!(´;ω;`)
      「次回も頑張ろう!」って気持ちが湧いてきます!

      あと6日、楽しみにお待ちしましょう~!

      コメント頂きありがとうございました!(´ω`*)

  29. あっちん より:

    はじめまして、私も旧ブログから こっそり拝見させて頂いてました。
    更新日に拝見して以来、今日再び訪問するとコメント欄がすごい事になっていてびっくりしました。

    今更ながら私もお礼がしたくコメントさせて頂きました。
    本当にいつも詳細な内容をあげて頂きありがとうございます。
    私は北海道に住んでいるのですが、Flowersの発売日が30日なので このブログが本当に助かります。
    これからも楽しみにしてます、またコメントさせて下さい。

    • みずきち より:

      あっちん様

      はじめましてー!ご訪問下さりありがとうございます!(´∀`)

      あっちん様は旧ブログから見て下さっていた上に、新ブログにもまたお越し下さったんですね!ありがとうございます!

      >今日再び訪問するとコメント欄がすごい事になっていてびっくりしました。

      私の記事は1つも増えてませんがw 皆様のコメントが素晴らしくて!目から鱗の楽しいお話ばかりですね!

      >今更ながら私もお礼がしたくコメントさせて頂きました。

      あああ…ありがとうございます!わざわざコメント頂けるなんて!(つД`)

      あっちん様は北海道にお住まいなんですね!
      北海道はFlowersの発売日が30日なんですか!それだけ遅いとやはり先にネタバレなどが気になってしまいますね!

      このブログのネタバレが少しでもお役に立てているのでしたら嬉しいです!
      またFlowersの読後にご感想など教えて頂ければ嬉しいです!

      >これからも楽しみにしてます、またコメントさせて下さい。

      あああ…ありがとうございますー!!・゚・(ノД`)・゚・。
      是非是非またコメント頂けると嬉しいですー!

      何度もご訪問下さりありがとうございました!(´ω`*)

  30. ゆのじ より:

    旧ブログから拝読しております。

    そろそろ、2月のねたばれ時期だな・・・と、立ち寄れば、多数のコメントが
    ああ、ワタシだけじゃなくて、たくさんの読者がいたのだと、あらためて実感しております。
    旧ブログで、コメントがない理由もわかりホッとしました(^^;

    どの作品であってもコミック派ゆえ、おきにいり作品の雑誌先行のねたばれはとってもとっても、うれしいのです。

    諸般の事情により、紙媒体をこれ以上、増やさないを「約束」として、現在、某密林サイドの電子書籍にてよんでおりますが・・・これが、紙ベースと同時ではない作品が多いのが玉に瑕(きついです、ほんとに)

    さいとうちほ先生の作品はカラーがものすごっく美しいので、タブレットに変え変え、満悦しております。

    旧ブログでも、ねたばれはもちろん、ブログ主さまの感想もたのしみのひとつです。ないと、「きっと、いそがしすぎるのねー」とかっての理由つけしておりました。

    新ブログでは、コメントでのやりともできるようになり、さらなる、楽しみが増えそうです。

    月末の楽しみの一つゆえ、誠にかってながら、さらなる ねたばれ 感想をお願いします。まっておりますから…

    • みずきち より:

      ゆのじ様

      ご訪問下さりありがとうございます!(*´∀`)

      ゆのじ様も旧ブログが見ていて下さったんですね!
      ありがとうございます!

      >旧ブログで、コメントがない理由もわかりホッとしました(^^;

      はいー!今まで少し寂しく思いつつも「そんなものなのかな」って思っておりましたら、私の設定のせいでまさかのコメント出来なかったという事態でして!(´;ω;`)

      コメントしようと試みて下さってた方がいらっしゃったのを知って、もしブログを移転して居なかったらこのまま一人寂しく最終回まで突っ走っていたかと思うと、今更ながら恐ろしいです。。

      ゆのじ様は徹底してコミックス派なんですね!
      コミックスにはコミックスで、量をまとめてじっくり読めるなどの魅力がありますよね!

      私はここ何年も好きな作品は雑誌で読んでしまうので、逆にコミックスを買うのが遅れちゃったり買わなかったり…という作品もあります。

      全て雑誌で読んでしまっているのでコミックスになった時に目新しさが無く、後書きだけサラッと読んでコレクション行きになってしまい、コミックスが出るのをワクワクして待っていた昔の純粋な気持ちを失っているなぁって最近ふと寂しく思ったりもします…。

      >諸般の事情により、紙媒体をこれ以上、増やさないを「約束」として、現在、某密林サイドの電子書籍にてよんでおります

      ゆのじ様は制約がある中で漫画を楽しまれてるんですね。
      私も気づけば本棚に入り切らない位漫画が溢れてしまっています…。
      とりかえ・ばやも何を思ったか1度売ってしまったものの、やはりもう一度読みたくて書い直しましたw

      「今すぐ読みたいのにまだ電子書籍になってない!」というのは私も経験ありますー!

      >さいとうちほ先生の作品はカラーがものすごっく美しいので

      本当ですね!私さいとう先生のイラスト集が欲しくて欲しくて!!
      同じFlowers作家様でイラスト集何冊も出されてる方もいらっしゃるので、さいとう先生(とりかえ・ばや)も是非出版して欲しいと切に願っています!
      (アンケートにも書きましたw)

      >ブログ主さまの感想もたのしみのひとつです。ないと、「きっと、いそがしすぎるのねー」とかっての理由つけしておりました。

      あわわ!申し訳ありません!
      感想を楽しみにして頂けていたなんて!ありがとうございます!(´;ω;`)

      私に読みやすくネタバレをまとめる力が無い為、どうしてもネタバレが長くなって力尽きていましたw
      (誰も読んでないかもしれないし、いいかぁ…という思いもあり…。)

      今月からは頑張りますね!w

      >新ブログでは、コメントでのやりともできるようになり、さらなる、楽しみが増えそうです。

      私自身も皆様にコメント頂ける嬉しさを知り、自分だけでは考えもつかないような視点を教えて頂いて新たな楽しさで一杯です!

      >月末の楽しみの一つゆえ、誠にかってながら、さらなる ねたばれ 感想をお願いします。まっておりますから…

      楽しみの一つにして頂けているなんて!ありがとうございます!!

      私自身も毎月とりかえ・ばやを物凄く楽しみにしておりますので、皆様と楽しさを共有できたらとても嬉しいです!
      また是非遊びにいらして下さい!(いよいよ本日Flowers発売ですが)

      コメント頂きありがとうございました!(´∀`)

  31. けい より:

    アメリカ在住ですぐにフラワーズは届かないのでいつもネタバレを楽しみにしてます。 まるで映画の台本のようにダイナミックで漫画を読んだ後てまた読み返してうまいなーと関心してます。これからもよろしくお願いします。

    • みずきち より:

      けい様

      ご訪問下さりありがとうございます!(´ω`*)

      けい様もいつも見ていて下さっていたとの事で本当にありがとうございます!

      けい様はアメリカにお住まいなんですね!
      「すぐにフラワーズは届かない」という事は毎月日本からお取り寄せされてるんでしょうか!?

      続きはすぐにでも読みたいものですので、私だったら早く読みたくて読みたくてキーッヽ(`Д´)ノってなってしまいそうです!

      >まるで映画の台本のようにダイナミックで漫画を読んだ後てまた読み返してうまいなーと関心してます。

      ひえええっ!なんと恐れ多い!!
      あ…ありがとうございますー!!勿体無いお言葉を…(´;ω;`)

      拙いネタバレですが、なんとかさいとうちほ先生のとりかえ・ばやを表現できるように頑張ります。。

      是非また遊びに来て下さい~!

      コメント頂きありがとうございました!(*´Д`*)

      • けい より:

        フラワーズはマンハッタンの紀伊国屋で売ってますが数日の遅れがあって焦ります。
        とりかえばやはとても文学性が高く日本のアートとしてもっと外国語に翻訳されるといいなと願ってます。ポーの一族や神の雫は英語訳されているみたいですがボランティアで訳したいぐらいです。
        ちまみに英語でとりかえばやのこめんとをしたサイトがあるのですが四の姫が一番かわいそうとかいてありました。たしかに。。。
        8巻の十日夜の宴のシーンとか平安文化の頂点を写したていると思いますね。

        • みずきち より:

          けい様

          再訪問頂きありがとうございます!(*´∀`)

          >フラワーズはマンハッタンの紀伊国屋で売ってます

          おお!そうですね!
          わざわざ日本からお取り寄せせずとも海外の書店で普通に売られているという考えが全く頭にありませんでした!
          紀伊国屋があるんですね!

          思えば私が海外翻訳版の漫画を通販したのも紀伊国屋だった気がします!

          >ボランティアで訳したいぐらいです。

          おおお!素晴らしいですねー!
          けい様は外国語が堪能でいらっしゃるんですね!私は英語がからっきしでして…。
          スポーツで好きな海外選手が居る為、英語を勉強したいと思いつつ、何から手を付けてよいやら…といった感じです!

          よく漫画家さんが「海外翻訳版出ました!」とCMしてるのを見ますが、「とりかえ・ばや」はどうなのか気になります!

          >ちまみに英語でとりかえばやのこめんとをしたサイトがあるのですが

          そのようなサイトがあるのですね!
          海外でもとりかえ・ばやファンが居らっしゃってコメントを書き合っていらっしゃるなんて!

          十日夜の宴や、五節舞など、とりかえ・ばやには華やかなシーンが多く登場するのも楽しみですね!

          素敵なお話を聞かせて頂きありがとうございました(*´∀`)

  32. わんこ より:

    もうきてるかもと思ってきてしまいました。フライングでした・・・。

    では更新まってます^O^

    • みずきち より:

      わんこ様

      ご訪問下さりありがとうございます!(*´∀`)

      もしかしたらわんこ様もいつも見て下さってたんでしょうか?
      早めに見に来て下さったんですね!ありがとうございますー!
      まだなんですー!w

      私も昨日「1日早いけど出てないかなー」って本屋行ってしまいましたw

      Flowersサイドは28日発売と告知してるんですが、ウチの地域は27日発売なんです。
      27日が土日に重なるとさらに1日早くなって26日なんですけど、今月は27日が月曜日なので、早売りにはなりませんでした。

      27日に購入してからネタバレ書いてたら28日になっちゃうと思いますので、また28日に遊びに来て下さい~。(*´Д`*)

      コメント頂きありがとうございました!(・∀・*)

  33. むっぴー より:

    初めまして(^^)

    皆さまのコメント拝見して、私も書きたくて仕方なくなりました☆

    旧ブログからのファンです!
    みずきち様のお陰で楽しい月末を過ごせています。
    皆さまお書きになっていますが、本当に表現がお上手なので、情景が浮かびます(ღ♡‿♡ღ)

    皆さまの予想すごいですね!
    睡蓮にも同じ傷、宮様の登場、石蕗…
    私も想像力を磨かねばと痛感いたしました。

    もうすぐ発売日ですね☆
    今後の更新も楽しみにしています。

    • みずきち より:

      むっぴー様

      初めましてー!ご訪問下さりありがとうございます!(嬉´Д`嬉)
      むっぴー様も旧ブログから見て下さってたんですね!ありがとうございます!

      >皆さまのコメント拝見して、私も書きたくて仕方なくなりました☆

      貴重なお時間を使って頂いてまでコメント書き込んで下さって本当にありがとうございます!

      >旧ブログからのファンです!みずきち様のお陰で楽しい月末を過ごせています。

      ファンだなどと言って頂けるなんて恐れ多い!!
      あ…ありがとうございます!(´;ω;`)嬉しいですー!

      >皆さまお書きになっていますが、本当に表現がお上手なので、情景が浮かびます(ღ♡‿♡ღ)

      ひええ!ありがとうございます!( ;∀;)
      拙いネタバレですが、とりかえ・ばや本編を読む前に「今回どんな感じかな?」と目を通して頂けたら嬉しいです!

      >皆さまの予想すごいですね!睡蓮にも同じ傷、宮様の登場、石蕗…
      私も想像力を磨かねばと痛感いたしました。

      本当に!
      なお。様の「梅壺が入れ替わりを指摘したらそれは銀覚と梅壺が通じている証拠説」や「宮様登場説」、
      nonnon様の「石蕗の借り説」などなど…

      私一人では考えもつかないようなお話を聞かせて頂いて、毎回テンションが上がってしまいます!
      (個人的には、なんとも様の「式部卿の宮は主上を愛している説」がメガトン級でしたww)

      私などまだまだ浅い考え、上辺だけしか見えていないのだと痛感します!

      >もうすぐ発売日ですね☆
      今後の更新も楽しみにしています。

      いよいよ本日となりましたね!
      もう楽しみで楽しみで仕方ありません!

      なるべく早く書けるように頑張りますので、また是非遊びにいらして下さいね!
      (むっぴー様も1日早く遊びに来て下さったんですね!ありがとうございます!)

      コメント頂きありがとうございました!(´∀`*)

  34. みーたんママ より:

    はじめまして。みーたんママと申します。前ブログの頃から拝見させて頂いております。
    傷の話で盛り上がっているようなので、ふと思いついた事を書かせて頂きます。
    四の姫のおでこの傷を治す薬(四の姫の時は偽物)みたいな物が出てきそうだな、と思ってます。
    ただ、あの時に四の姫が「自分の心が弱かったから」的な事を言ってた気がするので、サラが使うかなぁ?とも思いますが。
    そもそも四の姫のおでこの傷のくだりについてはコミックス手放しちゃったのでうろ覚えですが。

    • みずきち より:

      みーたんママ様

      初めましてー!ご訪問下さりありがとうございます!(´∀`)

      みーたんママ様も旧ブログから見て下さってたんですね!
      ありがとうございます!

      >四の姫のおでこの傷を治す薬(四の姫の時は偽物)みたいな物が出てきそうだな、と思ってます。

      おお!新しいお考えですね!
      天狗に始まり、水晶から現れた龍によって呪いを払ったり、東宮様が導かれた後光など、とりかえ・ばやの世界では不思議な事が多々起こっていますので、傷を治してしまう不思議な薬があってもおかしくありませんね!
      (逆に古傷を作り出す薬があったらバッチリだと思ってしまいました!w)

      まだ今月号ですぐに全てが解決するかはわかりませんが、一体どう解決へと向かうのか非常に楽しみですね!
      (解決して欲しい!でもまだ一筋縄ではいって欲しくないというジレンマがw)

      >コミックス手放しちゃったのでうろ覚えですが。

      みーたんママさんはコミックス手放されてしまったんですね。

      私も1回手放してしまいましたし、とりかえ・ばや以外では途中からコミックスを買わなくなってレンタルで済ませているものもありますー!
      スペースの都合などで手元に置いておけないなど、皆様色々な事情のもとで楽しまれていらっしゃいますね!(´ω`*)

      傷について、皆様の予想の中に正解があるのか?
      まったく考えが及びもしなかった解決法があるのか?
      楽しみにお待ちしましょう~

      コメント頂きありがとうありがとうございました!(*´∀`)

  35. てりあ より:

    いつもネタバレレビューを楽しみに通わせて頂いています!お礼を言いたくてコメントさせて頂きました!私も旧ブログでコメント出来ず、何とか気持ちを伝えたいなと、イイネボタンをクリックしていた口なのですが、ボタンの反応が薄く、イイネ出来てるのかなぁと不安でした。皆さんチャレンジされていたのですね!嬉しくなりました!
    いつもみずきちさんの文章のうまさに小説を読ませて頂くように楽しませて頂いています!ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。o(*⌒―⌒*)o

    • みずきち より:

      てりあ様

      ご訪問下さりありがとうございます!(*´∀`)

      てりあ様も以前からブログをお読み下さっていたんですね!
      本当にありがとうございます!

      >お礼を言いたくてコメントさせて頂きました!

      とんでもない!わざわざ遊びに来て頂いてコメントまで頂きましてありがとうございます!(´;ω;`)

      >私も旧ブログでコメント出来ず、何とか気持ちを伝えたいなと、イイネボタンをクリックしていた口なのですが、

      ああああ、てりあ様がいつも「イイネ」して下さってた方だったんですかぁぁ!!( ;∀;)
      ありがとうございますー!!コメントが頂けない中、毎回1.2回「イイネ」して下さる方が居らっしゃって、それを心の頼りにしていましたw

      「何とか気持ちを伝えたい」と思って下さったてりあ様のお気持ちがとっても嬉しいです!
      ありがとうございます!

      コメントも試みて下さっていたんですね。
      本当に申し訳ありませんでした。

      >いつもみずきちさんの文章のうまさに小説を読ませて頂くように楽しませて頂いています

      ひえええ!ありがとうございますー!!そんな小説などとんでもない!
      ですがお褒め頂けて嬉しいですー!(ノД`)

      何分素人の書く文章ですので、誤字やわかりづらい事など多々あると思いますが、拙いネタバレをお読み頂きまして本当にありがとうございます!

      てりあ様の読後感想などもまた教えて頂けますととても嬉しいです!

      コメント頂きありがとうありがとうございました!(´▽`*)

  36. リュウ より:

    こんにちは!
    初めまして、台湾人のリュウで、「とりかえ. ばや」の大ファンです。
    台湾の出版は日本より3冊くらい遅いので、早く見たくて早く見たくて …あ!ここ見付けました!
    キャーーこのブログ最高!^////^詳しくて素晴らしい文が読めるのはものすごく喜びます。
    大変時間をかかって書くはずだと思って、本当にありがとうございます ^^

    実は、数が月前からブログを拝読してきます。いつもワクワク期待して、読んでしまった後いつも興奮してたまらなくて、拍手とかコメントとかしたいです…しかし…日本語で作文を書くがちょう下手ですので(ああああTVT) 

    「とりかえ. ばや」コミック11をおととい台湾のジュンク堂から手に入れました~~~
    一気に漫画を読んでしまいました!幸せ~~~
    勇気を出して、下手な日本語で感想を書きます。
    分かりにくい所がいっぱいあるかもしれません、すみません ^^”

    コメントの皆さんの討論した内容も、面白いです。
    時々「わ~なるほど!」「ええ、そうですか!道理で!」「キャー同感です!」など感じかいっぱいあります。一人漫画を読むことより何倍楽しいと思います。
    (尚侍、女御、蔵人頭 、十二單衣…平安時代の名詞や文化など兴味を持つようになって頑張ってgoogleしましたXD)

    こんなに素晴らしいブログがあるのはよかった~
    興奮する気持ちの万分の1だけ表せてしまいます。
    これからも新しい文章を楽しみます^^

    PS.
    私も次の表紙は主上と沙羅と期待しています!(笑)
    例のシーンが見ていませんが、「主上と梅壺は事前」と信じています!!!(笑)
    文の中に、ドキドキシーンに「キャー」と書いていた所を読む時、私も同じ「キャー」と呼びますXD
    まるで二人一緒に「キャー」と感じますXD
    (あああ、日本語で説明が難しい~)

    • みずきち より:

      リュウ様

      こんばんはー!!初めまして!!
      ご訪問下さりありがとうございます!

      コメントの承認が遅くなって大変申し訳ございませんでした!

      リュウ様は台湾のお方なんですねー!!
      わー!初の海外からのお客様ー!!(≧0≦)

      数ヶ月前から見ていて下さったなんて嬉しいです!
      ありがとうございます!

      台湾の出版は日本より3冊くらい遅いので、早く見たくて早く見たくて …あ!ここ見付けました!

      台湾は日本より3冊も販売が遅いんですね!
      見に来て下さって本当にありがとうございますー!!

      キャーーこのブログ最高!^////^詳しくて素晴らしい文が読めるのはものすごく喜びます。
      大変時間をかかって書くはずだと思って、本当にありがとうございます ^^

      ありがとうございますー!
      とても嬉しいです(´;ω;`)

      「とりかえ. ばや」コミック11をおととい台湾のジュンク堂から手に入れました

      リュウ様も11巻を購入されたんですね!
      日本語版を買われたんでしょうか?

      勇気を出して、下手な日本語で感想を書きます。
      分かりにくい所がいっぱいあるかもしれません、すみません

      全然そんな事無いですよー!意味がわからない所なんて無いです!
      今回は翻訳ソフトを使われたんでしょうか?
      もし使われずに書いて頂いたんでしたら素晴らしい事ですー!
      (≧0≦)

      時々「わ~なるほど!」「ええ、そうですか!道理で!」「キャー同感です!」など感じかいっぱいあります。一人漫画を読むことより何倍楽しいと思います。

      私も皆様にコメント頂けるようになってから、とりかえばやを読むのが何倍も楽しくなりました!
      皆様にも楽しんで頂けたならとっても嬉しいです!

      尚侍、女御、蔵人頭 、十二單衣…平安時代の名詞や文化など兴味を持つようになって頑張ってgoogleしました

      リュウ様は平安時代に興味を持たれて色々検索されたんですね!

      現代の日本の生活とは全然違って素敵な世界ですよね!
      (当時は現代に比べて色んな苦労もあったでしょうが…)

      こんなに素晴らしいブログがあるのはよかった~
      興奮する気持ちの万分の1だけ表せてしまいます。
      これからも新しい文章を楽しみます^^

      ありがとうございますー!
      まさか海外の方からコメント頂けるなんて!

      私なら海外のブログにコメントなんて出来ないです。
      勇気を出して、日本語を書いて、コメントして下さってありがとうございます!!

      お気持ちとっても嬉しいです!
      (´;ω;`)

      私も次の表紙は主上と沙羅と期待しています!(笑)

      次巻は絶対沙羅と主上だと思います!!

      例のシーンが見ていませんが、「主上と梅壺は事前」と信じています!!!(笑)
      文の中に、ドキドキシーンに「キャー」と書いていた所を読む時、私も同じ「キャー」と呼びます

      リュウ様も「事前と信じたい」という事で、
      同じように「キャー!」と思って頂けたなんて!(笑)

      また次回もご一緒に「キャー!」と思えたら嬉しいです!

      また是非コメントして下さいね~!

      コメント頂きありがとうございました!(*゚∀゚*)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
とりかえばや ネタバレ感想! 「episode52.大祓」

月刊flowers(2016年12月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」 …

no image
とりかえばや ネタバレ感想! 「episode56.嵐吹く」

月刊flowers(2017年4月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」第 …

no image
とりかえばやネタバレ感想! 「episode59.幻覚」

月刊flowers最新号(2017年7月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえば …

no image
とりかえばや ネタバレ感想! 「episode57.心鬼」

月刊flowers(2017年5月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」第 …

no image
とりかえばや ネタバレ感想! 「episode58.白蛇」

月刊flowers(2017年6月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」第 …

no image
とりかえばや ネタバレ感想! 「episode53.御来光」

月刊flowers(2017年1月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」第 …

no image
とりかえばや 最新話 ネタバレ感想! 「episode60.魔」

月刊flowers最新号(2017年8月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえば …

no image
とりかえばや ネタバレ感想! 「episode51.賭け」

月刊flowers(2016年11月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」 …

no image
とりかえばや ネタバレ感想! 「episode54.二星会合~七夕~」

月刊flowers(2017年2月号)掲載、さいとうちほ先生の「とりかえばや」第 …